ドラの振り替わりが可能な手牌はドラの受け入れのためダマ

昨日の南3局、3着目で南家、 オーラスの親が残っている場面、 先制聴牌が入ってリーチ。 待ちは36ソー。 メンタンピン赤。 ドラが5マンでマンズの形は234。 聴牌時に若干手牌の弱さを感じたがリーチと打って出た。 感触の無いリーチだった。 確かトップ目が5万点と随分離れていた。 自模れず上がれず3段目に入ってドラの5マンを持ってきた。 親からロン、続いて下家からも…

続きを読む

手牌が変化したらリーチ

RTDリーグでも手牌変化の後にアガリがあったり、 実践でも手牌が変化した直後にアガリがあるという事が ここ最近続いてる。 先日はピンフドラ1高め一盃口の25ピン待ちをダマにしていた。 すると親からリーチがかかった。 親の河には2ピンと5ピンが1枚づつ捨てられている。 これは脇からのポロリ狙いでダマ聴だなと思ってたところに、 4ソーを持ってきた。 1ソーと振り替えてタンヤオ…

続きを読む

萩原聖人がRTDで残り3900点からトップを取った方法

先ほどRTDリーグBLACKDIVISIONの40回戦は 凄く見ごたえのある半荘でした。 東1局から東3局までずっと失点を続けていた 萩原聖人、アタリ牌をつかみまくっていた。 そしてそのアタリ牌を切り続けた。 残った点数は3900点。 そして多井隆晴からのリーチ。 リーチ前から萩原聖人は七対子をテンパっていた。 感触がなかったのか2マン待ちではリーチにいっていない。 …

続きを読む