小四喜をあがりました。

先日の麻雀、今年初の役満をあがりました。

前の半荘で四暗刻単騎の聴牌するもあがれず、
この日はここまでトップがなかったにもかかわらず、
収支はプラスマイナス0付近をいったり来たりでした。

場所替えして出親になり、東1局は流れて東2局、
配牌で
man2.gifpin3.gifpin3.gifpin4.gifpin8.gifsou4.gifji1-ton.gifji2-nan.gifji2-nan.gifji3-sha.gifji3-sha.gifji4-pei.gifji4-pei.gif
理牌しながら親の第1打の北をポン、打2マン
次巡、8マンツモ切り、対面から出た南をポン、
最終手出しを4ソーとしてソウズのホンイツ模様の河にして
ピンズ待ちになったときのあがり易さを考え打8ピンとします。
発ツモ、打3ピン
5ピンツモ、打発、
東を持って来いと願いながら2巡ほど
ツモ切りが続きます、その間、上家に東を切られてしまいますが、
いよいよ、西をツモってきました。
pin3.gifpin4.gifpin5.gifji1-ton.gifji3-sha.gifji3-sha.gifji3-sha.gif   ji2-nan.gif

聴牌した瞬間に下家の親が東をツモ切り、
ロン、小四喜!

この日は2週間ぶりの麻雀で2週間も間を開けたのは
久しぶり牌を触る楽しさを味わいながら打っていました。
楽しさを感じながら常に冷静に打てたと思います。
どんなことも受け入れて、攻めるときはしっかり攻めて、
相手の手が高そうなときは不用意な振込は避けるように気をつけて、
この冷静さを保てたことがよかったと感じています。

この記事へのコメント