タンピン三色一盃口ドラ1、18000点

先日の麻雀の反省点。
その日は調子がいいのか悪いのかはっきりしない展開。
トップを取るけどラスも引く。
通算成績ではプラスとマイナスを行ったり来たり、
といった状態。

結果は最終戦が終わるまでわからないような展開でした。
中盤ラスをとってこれ以上ラスをとるとその日をマイナスで
終わるような感じがしたので、
その場所に常においてある必勝鉢巻を頭に巻いて臨みました。

結果は最後の半荘2回をトップで決めて、
プラス100pで終わることが出来ました。

特に最終戦のオーラス、トップとの差は11,000点くらいでした。
満貫ツモでも届かない、ちょっと難しいかなと思って
配牌を取ると、なんとドラの発が暗刻で入っています。
今日の麻雀のラストシーンを飾るのにふさわしい配牌。

リーツモ発ドラ3の3000、6000で逆転トップがはっきり見えます。
麻雀というのは本当にドラマチックです。
なんとか聴牌をしたものの、待ちはペン3ソー。
ここまでくれば待ちの良し悪しはどうでもいい。
どのみちツモらなければ逆転しないし、
聴牌即リーでツモに祈りを込めます。
するとドラの発を持ってきます。
トップ目からの直撃は期待できそうにない雰囲気だったので、
ドラをカン、その場を支配してしまいます。
数巡後、見事に3ソーをツモリ上げ、
裏が一つ乗って、リーツモ発ドラ4裏1で4000、8000の
逆転トップ。
すごく気持ちのいいアガリでした。

この最終戦のトップでその日の勝ち頭になったものの、
悔やまれる反省点がありました。

それは確か東2局くらいで下家が親、
僕が北家の時でした。
親の1段目でタンヤオ牌をバラ切りしていて、
明らかに手が早いなと感じていました。
一方、僕の手牌はバラバラ。
そこで8巡目くらいに打ち出した4ソーにロンの声、
タンピン三色一盃口ドラ1、18000点
赤無しルールなのでなかなかでない親のダマインパチです。

1段目では親の手牌の速度感を感じていたのに、
数巡後には警戒が薄れてしまいました。
よくあることですが、
自分が手になっていないときは
警戒をさらに強めてダマ聴をケアすべきでした。

全く気づいていないなら、
反省もしないのですが、一段目でおやっと思っていただけに、
その一打は悔やみました。
456の三色の高めでした。

そういえば土田先生もどこかで言っていたなと
思って探してみました。

これにあたります。
早さの読み方、マンピンソーの法則
マンズ・ピンズ・ソウズ、特にタンヤオ牌、これが早めに3種類とも出てくると
当然のことながらそのうち手は早さを伴った手になっている

というもの。
先日はこれよりもっと濃い牌がタンヤオ牌、3や7や4や6が
切られていたような気がします。
そう考えると警戒度マックスで対応しなければいけない局面でした。

親の早くて高くてしかもダマ聴、
今後このようなダマ聴にささらないように、
アンテナを張り巡らせて行こうと思いました。

この記事へのコメント